どうすれば浮気調査が成功するのかについて悩んでいる場合は、行動方針を変えてみると上手くいくことがあります。一人きりもしくは知人などと一生に浮気調査を行っていると、いつの間にか行動方法が決まってしまい何度も同じことを繰り返してしまいがちです。

その状態で浮気調査が成功していないのなら、行動方法そのものに問題があると考えられます。思い切って今までに試したことがない手法を取り入れることによって、パートナーの浮気を見破ることができる可能性が上昇します。

急に自宅に戻ってみると、一気に浮気調査が終了する確率が高まります。共働きの世帯であればなおさらであり、パートナーが出かけて特定の時間までは帰宅しない事実による安心感を利用した浮気調査方法です。外出してから急に帰宅するまでの目安となる時間は、おおよそ30分間です。

どのような移動手段を使った場合でも、30分も経過すればそれなりに遠くへ移動することができます。そのタイミングを見計らって、パートナーが浮気相手を自宅に招きいれる可能性が高くなります。

本来であれば許されない時間を楽しんでいる最中は集中力が低下するので、その隙に急に帰宅して現場を押さえるというわけです。

外出先で急にパートナーに会いたい旨を連絡すると、浮気している場合は不自然な言い訳を伝えてきます。

答えとして多いのは、急には会うことができないという内容です。仕事など大切な時間であれば仕方がありませんが、何気なく買い物に出かけている最中に不自然な返答をされたのであれば浮気を疑うに越したことはありません。

連絡をしてから浮気が疑われる言葉をかけられたのであれば、後日にはパートナーが外出したあとの行き先を調査すると効果的です。伝えてくれた用件を忠実にこなしているのかについて、自分自身もしくは知人に依頼して尾行を行います。その結果として浮気の事実が明らかになれば、証拠を提示して強い口調で追及すれば良いだけです