浮気調査にかかる費用は一般的に高額というイメージがあります。
なので、自分で調べればいいと張りきって、行動してしまう人がいますがそれはけっこうリスクが大きいのです。
まず、夫から離婚を切り出された妻、理由は長年の性格の不一致、妻の金遣いの荒さ、行動の悪さが嫌だというものでした。
妻は妻で「絶対浮気しているに違いない」と鼻息荒く、夫の行動を見張ることにしたのですが・・・。
確かにこの夫、好きな女性はできていました。
好きな女性がいるからこそ、妻と比較してしまい、離婚をしたいと決意してしまったのですが。
ただ、妻は知らなかったのです、浮気、不倫ではなくいい友情だったということを。
それを知らず、勝手に女性にストーカーまがいの尾行をして職場をつきとめ、こともあろうか職場に
嘘の通報をして女性が職場にいづらくなり嫌がらせを受けるように仕向けたのです。
結果的に女性は理由もわからず嫌がらせを受けて、人間関係の悪化から退職することに。
ここで黙っていれば何もわからなかったのに、それを夫に得意げに「辞めさせてやった」と言い放ったので
全てのことが発覚してしまったわけです。
この妻は素人探偵まがいのことをした上でそのあと探偵を使ってさらに詳しく女性のことを調べたみたいですが
結局、不倫で訴えることもできなくなってしまいました。
名誉毀損で訴え返されるかもしれないし、結局のところ、最初に素人が探偵の真似事をしてバレバレなことを
しているので相手は警戒を強めてしまい、それ以上の関係に発展しないように自制してしまったからです。
つまるところ、不倫、浮気調査というのはプロに任せて自分はじっと我慢することも必要ということです。
感情的になって文句を言ってすっきりするタイプであるならばいいのですが、慰謝料、裁判と先のことまで冷静に
考えるのであれば下手な動きは禁物です。
探偵はプロですし、利害関係のない他人です。
他人なので冷静に動けるのです。
当事者、関係者ですとどうしても感情的になり焦りが行動に出てしまうので失敗しやすいのです。